女性の転職アドバイス

■5年後の自分を考える
まず、自身の現状と理想をしっかり把握します。
5年後、結婚していたりお子さんが生まれていたりと、そういった現実があるのかもしれません。また、仕事第一に生きたい人も、どんな仕事をしてどんな生活を送っていたいのか、将来像を一度ゆっくり考えてみましょう。
仮に転職しても解決できない問題も沢山あり、転職を失敗する事も多々あります。

■譲れない条件を明確にする
転職する歳に、譲れない条件(落とし所)を明確にします。
例えば、以下のような条件が多いようです。
・キャリアアップ
・家族との両立
・プライベートとの両立
・復職できるか
転職に成功する方はこれら条件が少なめで、多くて3つ程度と言われています。

■ウケの良い履歴書・職務経歴書の作成
ここでは自身の履歴書・職務経歴書を、ウケの良い書き方にしていきます。
嘘ではありませんが、時に誇張表現も必要です。これにより、「何をしてきた」「何が出来る」「何をしたい」を明確にして文章に落とし込んでいきます。
また、重要視されるスキルや資格については詳細に書き、自身が何に強い人間か文章で書いて、理解してもらう必要があります。

■忍耐強く前向きに
転職活動は長期に渡る耐久戦です。なかなか希望通りの会社は見つかりませんし、それだけ忍耐とエネルギーが必要です。
また、お祈りメールが届くと、その会社に頑張った分だけ哀しくなります。
長期戦になると息抜きも必要ですし、ムリしないペースで頑張ることも大切です。
「数打てば当たる」の考えで、気楽に応募してみましょう。

直接応募だけではなく、転職サイトを使う事もおすすめです。
女性専門の転職サイトがありますので、それらを複数登録すると良いでしょう。
・女の転職@type
・リクナビNEXT
・マイナビエージェント
・リクルートエージェント

また、正社員にこだわるのではなく、契約社員・パート・アルバイトでも探してみましょう。企業によって求める人材は異なり、正社員よりパートの方が自身の条件にマッチしている場合もあります。

■転職してとりあえず3年は頑張る
「石の上にも三年」といいますが、短期で転職を繰り返す人は「ジョブホッパー」として敬遠されてしまいます。先に5年後の自分とありましたが、その前に「3年後の自分」というものをプラスして、その職場でまず3年間は頑張ってみましょう。よほどセクハラやパワハラが続くような問題のある職場でなければ、少し頑張る時もあるかもしれませんが続けられると思います。