エンジニアって転職多くね?なんで?

仕事は始めたばかりの20代は、ただがむしゃらに仕事をこなしていればよかったけれど、多くのエンジニアは、30代に入ると、自分の将来の展望を考えはじめます。
このまま同じような仕事をして、毎日を繰り返すのはどうだろうか?ここでこれ以上のスキルアップはのぞめるのだろうか?などの疑問がでてくるのです。
また、目に見えて、仕事ができるエンジニアと、そうでないエンジニアとが分かってくる年代でもあります。
新入社員がやるような仕事を回すには、ちょっと気がひけ、かといえ大きな仕様を任せるには頼りなく、業務知識が足りないといった、年齢的にも使いづらい人がでてきます。
自分できづいてスキルアップをはかったり、と努力される方は、さらに伸びる可能性がありますが、そうでない人は、異業種への転職を考えて欲しいものです。
現場には技術がつかえないエンジニアはいらないのです。
30代のエンジニアが転職で求めるものとして。「ワンランク上の職域へのステップアップ」「IT業界内での異職種への転身」「技術をとことん究めたい」などが多いです。
ステップアップを求めるのはエンジニア気質ゆえのもの。要求されたものを要求された通りに推し進めていくのは、経験を積んだエンジニアにとってはルーチンワークとかわらず、つまらないものになってきます。自らが提案し、自分のスキルを遺憾なく発揮できる場所を求め始めるのです。
転職先としては、今まで培った能力をシステム開発以外で発揮し、自分らしく仕事がしたい方が多く、売上の数字として目に見えたり、やりがいがあるところが魅力の「 ITコンサルタント(戦略系)」や「ユーザーサポート」などが人気です。
そして、技術をもっていてナンボ、「技術屋」と呼ばれるSE。「今以上の技術を身につけたい」や「今のままでは技術的に置いていかれる」などの意見があります。後者は、日々、進歩するIT業界についていけるか?という不安の表れですね。
転職の理由は、以上の他にも「とにかく年収をあげたい」「ITの世界から離れたい」といった声も聞こえます。
これから定年まで長い時間を過ごすであろう転職先には、自分がやりたい仕事ができるかどうか?自分がやる意義があるかどうか?興味を持てるないようであるかどうか?を大切に選ぶことが賢明です。
現場は即戦力を求めているので、スキルをもったエンジニアは歓迎されるのです。
エンジニアのピークは30代といわれていますが、自分を最大限に売り込めるのも最後のチャンス。定年まで残すところ30年余り。慎重に転職を考えたいものです。