30代SEの転職~キャリアの曲がり角

30代SE転職を考える理由とは?

IT技術者としてのスキルや知識を身につけるためSEとして入社したものの、将来的に希望が持てるような仕事に就けず、転職を考える人も少なくありません。SEからの転職を考える理由として特に多かったのは以下のような理由でした。

・スキルアップにつながらない単調な仕事しかできない
・仕事量が多いのに給料は安い
・ITゼネコン構造により、将来に希望が持てない

特にSLer業界は他の職種に比べ特殊で、会社によっては入社時に将来、会社でのITエンジニアとしてのスキルやキャリアも決定してしまう傾向があります。これはSI業界の構造、「ITゼネコン構造」によるものです。

「ITゼネコン構造」とは、SI業界における下請けピラミッド構造を意味します。ピラミッドの頂点に立つ大手ITベンダーは主に発注元の企業から請けおったシステム開発業務の「管理・調整」を担い、実際にシステム開発を行うのは、その下請けや孫請けとして働く多くのSE達です。この「ITゼネコン構造」により、案件を受注した企業との間に、下請け・孫請けなど間に会社が入るほど中間マージン料が増え、受注金額もどんどん安くり、当然SEに支払われる給料も安くなります。

また、下請け→孫請けと末端企業に行けば行くほど業務内容は、単純なプログラミングやテストなど誰にでもできる単調作業ばかりをやらされる傾向があります。このため、キャリアアップや遣り甲斐のある仕事をやりたいと考えている人にとって、現在のSI業界(特に2次請け・3次請けの企業)は期待外れの場となりつつあります。

特にSEとしてのスキルや知識がさほど高くないケースでは、30代以降SEとしての価値が徐々に下がっていく傾向があります。このためSEとして今後活躍していけるかどうかの判断であれば、30代が大きな分岐点になると言えます。SEは潰しのきかない専門職と言われていますが、それでも年齢の若さは大きなアピールポイントとなります。

そこで今回は、現在の仕事内容に悩み転職を考えているSEの方に向け、SEの経験やスキルを活かしつつ30代でも転職に成功できる方法について以下に紹介します。

SEからの転職 どんな業種・職種が向いている?

SEからの転職を考えている人の中には、次にどんな業種・職種に進むべきか決めかねているケースも多いでしょう。中には「自分はSEとは違う職種が向いている」と判断してSEとは全くの異業種に転向したいと希望する人もいます。しかし、未経験でも採用できる会社はブラック企業の確率も高く、失敗の確率が高いので注意が必要です。

そこでSEのキャリアを活かし異業種への転職で成功したいのであれば、IT業界以外の企業(金融やメーカー、流通など)の社内SEとして転職するのも手段です。こういった社内SEのほとんどは社内のIT関連業務(現存のシステムの運用やマーケティングの顧客分野など)と幅広く、うまく活用できればそれをきっかけに新たなスキルを積み、キャリアアップにつなげていくことも可能です。また、自分自身の作ったシステムの評価が分かりやすく、同じ勤務先なのでマネージメントしやすいなどの様々なメリットもあります。

因みに社内SEの平均年収は500万円程度で、年齢別に見ると20代後半で400万円、30代前半500万円弱程度、後半で550万円程度となっています。特に外資系企業は、社内SEとして様々な業種があり、国内企業と比較すると給料が高めに設定されているのが特徴です。また、外資系企業には優れた技術を持つSEがたくさん在籍しているので、共に働くことで、スキルやノウハウなど様々なことを学ぶことができ、自分自身のキャリアップにつながります。

ただ、外資系が求める社内SEの条件として、若い人材(30代前半くらいまで)を求める傾向が強いので、その点は念頭に入れておきましょう。また、年収ばかりに拘り過ぎず、本当に自分のスキル、条件に合った会社を選ぶことがベストです。そのためには転職エージェントを利用して自分に合った求人探しをサポートして貰うことが1番の近道です。

社内SEへの転職 ~ 転職成功の確率を高めるためには?

Slerに在籍するSEから社内SEとして転職先を探すときは、まず自分の求める条件、スキルに合ったところを選ぶことが大切です。実際、社内SEの求人は増加しつつありますが、IT業界全体から見るとまだまだ少ないのが現状です。

このため社内SEの募集に対して応募者が殺到するケースも多々生じます。こういった厳しい生存競争を勝ち抜くためにやはり自分一人の力では限界があります。そこで、転職エージェントの力を借りて自分に合った条件の企業を探すサポートをしてもらうことも非常に有効な手段です。

まずは転職エージェントに登録することで豊富な情報・知識を持ったキャリアコンサルタントが、応募書類、面接日程の調整、様々なアドバイス、応募先企業との条件交渉など多岐に渡ったサポートをしてくれます。

転職エージェント最大のメリットは、コンサルタントからの応募先のそれぞれの企業に対して自分のどんな部分をアピールするべきか適確にアドバイスをして貰えることです。このため、転職成功率が確実にアップするだけでなく、転職後のミスマッチなどのトラブルのリスクも下がります。特に現在働きながら、転職活動を行っている人は、なおさら転職エージェントを利用してご自身の納得できる転職先を見つけられることをおすすめします。

特に、マイナビエージェント×ITやDODAエンジニアなどはSEやIT業界へ転職に適したおすすめの転職エージェントです。